graybar
logo title | English |
services
home
services
us
us
assets
clients
team
partners
contact


a

革新的な技術力を持つ米国企業にとって、日本は大きな市場であり続けています。日本市場はそれ自体大きな事業機会であるばかりではなく、アジア市場への足がかりとしての価値も大きい事も明らかです。Apple や Google も日本参入、そしてアジア展開を実行してきた実例もあります。

アジア最大の市場規模を持つ中国は、ベンチャー企業にとっても、大企業にとっても、知的財産にかかわるマネジメントが困難な状況にあると言わざるを得ません。この10年間に多くの企業がこの問題に直面し、その事が事業展開上極めて重要な問題である事を認識して来ました。日本市場には、この懸念はほとんどなく、成熟した知的財産マネジメントを基盤とした安全性・信頼性の高い事業展開を期待できます。中国への進出は、その市場での経験が豊富な日本企業とのパートナーシップを介して実現する事が有望な選択肢です。

これまで、多くの米国企業が日本市場に参入し、多くが失敗、又は、本来あるべき姿までに事業を成長させる事が出来ませんでした。ここでの問題は、30年以上前にあったコミュニケーションプロトコルの問題ではなくなっています。日本の市場に参入し、構想通りの成長を実現する為には、日本特有の流通システムと系列の理解と、組織内での決定方法の理解が必要です。

VBC は、この日本の特異性との協調をベースに御社の日本での事業立ち上げ・成長をサポートします。

button
button

Copyright 2011 Valley Breeze Consulting, LLC All rights reserved.